北陸新幹線

北陸新幹線の特徴は、運行会社がJR東日本とJR西日本という、2社で運行しているというポイントです。2社で運行しているということは、ただ単純に2つの会社が関係をしているということだけだけではありません。日本の電気は東西によって周波が異なります。そのため、周波数の変化に対して管轄が変わるという、非常に独特な新幹線となっています。そのため、興味を持つファンも多いです。

周波数が変化するという点も日本の技術力の高さをうかがわせるものでありますが、これ以外にも、中央のブルーラインが特徴的なデザインの車体など、眼を見張るものがあります。開業は2015年の3月14日で、路線距離は345.5kmです。使用列車はそれぞれ、はくたか、かがやき、つるぎ、となっており車両形式はE7系、W7系の2種類です。最高速度は260kmと特別速いというものではありませんが、様々な特徴があることで世界中から注目されている新幹線です。

周波数の変化に関わらず運行をすることが出来る北陸新幹線は、エリアの変化によって、その管轄の会社も変化するという、世界でも有数のユニークな新幹線です。このユニークさは日本の高速鉄道の技術を象徴するものであり、高速鉄道の技術が国力を象徴するものだと言えるのです。