秋田新幹線

JR東日本が運行会社である秋田新幹線は、1997年から続く重要な路線です。使用される車両はE6系と呼ばれる赤い新幹線が特徴となっています。地方の新幹線なので一見すると地味に見えるかもしれません。しかし、秋田新幹線は多くの鉄道ファンの心をくすぐるユニークな特徴があるということをしっかりと覚えておきましょう。

秋田新幹線の特徴は、新幹線で乗り入れをしながらも最高速度が130kmとなっており、200kmに達しません。新幹線という名前を持っていながら在来線という区分に分けられるため、ミニ新幹線とも呼ばれています。また、列車の進む方向が進行途中で変わるということも、ほかの新幹線ではなかなか見ることの出来ないポイントです。この景色を見たいがために秋田新幹線に乗りたいと思う人もいるようです。このようなユニークな特徴があるため、秋田新幹線は在来線でありながら人気を集めているのです。

また、デザインはフロント部分が細くなったアグレッシブな印象を与えるものとなっています。これは冬の秋田が作り出す銀世界と非常にマッチしていて、見るものを虜にするそうです。爽やかなデザインが多い新幹線の中でも一際異彩を放つカラーリングですが、唯一無二のデザインとあいまって人気の高い車両となっています。